Point of Hair Care

ヘアケアの種類

ヘアケアの種類が多すぎてわからない方へ

ヘアケアとはどのようなものをいうのでしょうか。
ヘアケアには幾つかのステップがあります。
一つ目は「洗髪」です。
髪を洗うときに使用するシャンプーですが、最近ではノンシリコンやアミノ酸系シャンプーなど販売されており種類が多いです。
洗浄力が欲しいのか、保湿力がほしいのか、低刺激にこだわるのかなど何を優先するかによって選んでみてください。
次に「トリートメント」です。
シャンプーをした際に手触りや、髪の内部に栄養を浸透させる為に行うのがトリートメントです。
シャンプーと同様にこちらも種類がたくさんあるので、説明をよく読んで最適なものを選んでください。
一般的にはシャンプー後にトリートメントを馴染ませ、三〜五分程置いた後洗い流し、リンスをします。
少し時間を置くと効果が全然違うので、できれば時間を置いてください。
次に「洗い流さないトリートメント」です。
こちらもタイプが分かれます。
オイル系、クリーム系、スプレー系などです。
オイルは髪の広がりを抑え、保湿能力が高いので、髪のボリュームを抑えたい方に良いです。
クリーム系はオイルのベタつきが苦手な方には、保湿力もあり程よく髪が落ち着くので良いです。
スプレー系は手を汚さず、簡単に髪にシューと吹きかけることができるので、手軽さを求める方には良いです。
一度試しに使ってみると自分にはどのタイプが合うのか分かるので、色々なタイプを使用してみるのも良いかもしれませんね。

ヘアケアの種類は美容師に相談

長く豊かで美しい髪はいつの時代も女性の憧れです。
きれいな髪を保つためには毎日のヘアケアが欠かせません。
ヘアケアにも色々な種類がありますが、みなさんはどのようなケアをしているでしょうか。
代表的なものはシャンプー後のトリートメント。
ケラチンなど有効成分をしっかり髪に浸透させ、髪をツヤツヤさらさらに保ちます。
トリートメントには洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあります。
また、シャンプー後は自然乾燥ではなく、ドライヤーでしっかり乾かすのも大事なケアです。
濡れた髪というのはキューティクルが開いた状態になっていて、そのまま放置しているのは髪が傷む原因になります。
月に何度か定期的にスペシャルケアとしてヘアパックをするのもいいでしょう。
自分の髪質や髪の状態にあったヘアケア剤を探すのは難しいですが、そんな時は通っているヘアサロンの美容師に相談してみてはいかがでしょうか。
美容師であれば髪の毛のプロであり、さらには普段から髪質を見てくれているので、ピッタリのヘアケア剤を提案してくれるはずです。

Valuable information

フットサルコート

Last update:2018/2/9